こんなひどく寒い朝

こんなひどく寒い朝には 誰かに僕という存在を吸ってほしい なんてわけない わけない ないないない

たちきれない

終わったときだったり、非常に嫌な気持ちにもなったりするわけだけど、たちきれない、結局。 とてもとても淋しい気持ちになったりする。 でもこれですら本当の孤独ってわけじゃないんだろう。 それが気持ち良いことなのかすらもわからない。ただただやめるこ…

断ち切りたい

どうしたら抜け出せるのか 典型的な3日坊主 このままじゃいつか死んでしまう やめている自分なんて想像つかない みんなが出来ていること 自分にもやれるはずだが

卑屈さの塊

自分をひとことで表すならそんな感じです。 うすうす気づいていましたが、最近確信に変わりました。 およげ!たいやきくんになりたい。

あれこれ

朝起きて、久しぶりに両親、特に父親、加えて親戚と一緒に過ごしている夢を見た事に気付いた。本音では実家に帰りたいのかもしれない。 スガシカオの歌って、直接的で具体的な部分と、抽象的な比喩的な部分があって、そこが織り混ざっているところが好きなん…

たすけてくれい!

だれかたすけてくれい! 自分じゃだめなんじゃだめなんじゃ 限界ですたい そんな叫びをあげた その後時間は経って、少し仕事もしたが、大体はダラダラしていたのだった そんな僕の頭の中では、坂本龍一のThe End of Asiaが流れていた おしまい

日曜日の夜

この日は決まって眠れない夜を過ごす 特に最近その傾向が顕著 最近惰性で過ごす毎日 嫌になる かつては憧れたものがあり、それを実現する為に多少の努力をした事もあった いまは仕事をこなす為に頑張ったりする事もあるけど、何か夢のようなものを実現する目…

ここ最近の出来事

ひとり食事をして店を出ようとしたら、仕事の得意先で一緒になる人とが家族でご飯を食べに来ていたらしく目が合った。なんだか恥ずかしくて、逃げるようにその場を後にした。 仕事だったり、私生活だったりにおいて、軽はずみな行動をして、後悔することが最…

当たり前

自らの意思で好き勝手とは言え 孤独はつらいよ こどもの頃を思い出し涙

メリークリスマス!

片付けをスタートさせた結果、非常に疲れた。 食べ過ぎて辛い。デリバリーのピザが堪えた。 7年前と比べて、何か違いはあるのかな? 結局同じ日々。明日なき暴走。 ただ、みんなも変わらぬ毎日を過ごしているのだと思う。

街ねずみ その後

都市部のうまれ さらなる都会に憧れていた しかしいまはすっかり田舎暮らし 仕事で田舎のさらに田舎に訪れる 特に違和感はない 都会だろうが田舎だろうがやる事に違いはない スマートフォンを弄りながら思考が停止した時間がただ流れてゆく

心が

心が閉じてしまっているのか 寂しさなどは感じず ただ、うっとおしさ、調子悪さに支配されている気がする 明日が始まるのは嫌ですね と思いながら眠りにつくも、また携帯をいじくってしまい、たまたまユーチューブで劇場版銀河鉄道999のラストを観たら、なん…

温泉地にて

ごくまれに、世界が終わってしまうという内容の夢を見る。インパクトがあるからか、内容は忘れても、夢を見た事自体は覚えている。 今朝はそのような目覚めだった。目が覚めたらうつ伏せの状態だったので、ただ苦しかっただけなのかもしれないけど。 ひとり…

こみあげる想い

うたをきいたときだったり ふとしたしゅんかんに こみあげるおもい こどものころから、もっとちいさいころにかえりたかった

固執から脱却したい

自分には残された時間はそれほど多くはない。 そんな当たり前の事を、たまに再確認する。 もちろん、想いを引きずる事は仕方ない。 感情だから。 ただ、時間は過ぎて行く。 妄想空想という名の思考停止は気持ちが良い。

遠い場所に立っているとしても

神の存在を実感し涙したことがある 人の優しさにふれて生きていることの素晴らしさを再確認したことがある いまは誰も信じる事が出来ない 会社組織のなかで、なんとか生きる意味を見出している 家に帰れば、無軌道に時間が過ぎ、月曜の朝を迎える 遠い場所に…

毎回毎回さあ

おんなじこと おんなじこと おんなじこと! バカだよ 想像せよ どうなるか 事前に

お久しぶりです。 相変わらず、休日の最終日は追い込まれています。全くはかどりません。ただ、帳尻は合わせます。 最近ブログに記事を書いていませんでした。 ここのところ、なんだか気力が湧きません。 相変わらず死にたいとは思いますが、実行までは程遠…

正直者はバカを見る。 理由 もともとバカだから。

人よりも遅れをとっている事を感じる瞬間の心境は、正直言ってよく分からない複雑な気持ちでいっぱいだ。

誰かに冷たくすると、他の誰かが去ってゆく 本当の自分って何?話をする事が辛い 誰とも話したくないし、押しつぶされるくらいさみしい

同じ間違いを犯す理由

そんな事ばかりだ。 そもそも間違いと自分で認識出来ているのかどうかがすら怪しい。 多分、孤独に耐える事が出来ないのも一因だろう。 我慢が出来ない。 目標がない。 などなど。

welcome to the black out

アマゾンで安かったから購入。 レビューの評価は高かったが、一回聴いた限りはイマイチ。もっと聴きこんでみよう。 ただ、station to stationからの曲は相変わらずイイですね。ボウイのなかで一番好きな作品です。 ただ、black out という曲は最初はそんなで…

ピンチに変化

大大ピンチと言ってたけど、ピンチくらいに変化しつつあります。お騒がせしました。 ただ、基本辛いと思ってしまう状況に変化なし。けれども10年前だって同じことを考えていた。10年後は想像つかないけど、つらいと思っていなかったら、その時には気が狂って…

大大ピンチ

正直自分が過去に行った事で、こんな手痛いしっぺ返しが来るとは思いもよらず。 この3日生きた心地がしない。 よかった点は、ストレスで若干食欲が落ちた事くらい。 何パターンが落とし所を考えているが、最悪の事態に陥いるのだけはキツい。 その場合は完全…

少し気が楽になる

また同じ気持ちの月曜の夜。 ただ、まあしょうがない。 出来ないことは諦めよう。 努力は必要だけど。

嘘っぱち

落ち着きを取り戻したなんてまやかしだ 布団に入って目を閉じたら酷い妄想に取り憑かれる 自分がお世話になった人達に、考え得るなかで最も残酷な言葉を投げつけてしまいそうだ 甘えという言葉で片付ける事が出来たらよいのだろうけど

落ち着き

望んで手に入れた孤独 実際は本意でなかったんだろう 今日も過去を捻じ曲げた内容の夢で目が覚めた 少しの刺激がこのような形で表れる 不摂生によりゆっくり確実に悪化している 責任は果たさなければならない 気分はだんだん落ち着きを取り戻しつつある 明日…

そして誰もいなくなった

自分のまわりには誰もいなくなった さようなら、みなさん 三連休はのんびり

周りの目が気になってしまう時がある。 それはただの言い訳で、本当は行動を起こしたくないだけなのかもしれないが。 こんな事を考えているうちに、10年も前の光景、しかもこの話とは何も関係ない景色が頭の中に飛び込んできた。