振り返り

毎年年末になると思うわけです。

このままひとりでいるのはつらい。

近しかった人たちには、パートナーがいるのに、何故自分はこんな状況なんだろうか。

などなど、恒例行事である内省の時間がまた訪れたわけです。

ただ、自分の暮らしぶりを振り返ると今の状態はむしろ必然なわけであり、これからも死ぬまで同じ事を繰り返してゆくんでしょうね。

少し時間が経つとその事は頭からなくなり、僕は外の空気と触れ合うことで、寂しかった気持ちに、さらに麻酔をかけるのであります。