のぼせもん

 ドラマ のぼせもん、今週が最終回でした。

 弟子である小松政夫の視点から、植木等クレイジーキャッツの活動の変遷について描いた物語。

 植木等の温かい人柄が伝わってきて、一話に一回は必ず涙が出てきました。30分という時間の短さもちょうど良かったのかもしれません。

 

なんだかんだ言って、涙腺を刺激する話が大好きなんだと改めて実感しました。